システムエンジニアに要求される多様な能力

システムエンジニアは世界の中心となっている産業の一つであり、IT産業において開発の中心を担う仕事に携われることから人気が高い職業の一つとなっている。

仕事自体は忙しく、新しいものを生み出す創造力が要求されるものの、仕事に就くにあたっては特別なスキルを身につけることは必ずしも要求されないことから、志の高い人材がやりがいを求めて転職してくることも多い。しかし、実際に現場で働くことになると資格や認定といった形で示されるスキルこそ必要性は低いものの、能力として必要となる要素が多く、その有無によって苦労を重ねることになってしまうことも多い。

システムエンジニアの仕事は現実の問題を情報システムを用いて解決する術を考え出すことであり、現実の問題に直面しているクライアントとシステム開発を行うプログラマとを橋渡しすることが必要になる。
そのため、現実社会で起こっている問題を正確に理解する力と、その言葉を情報技術の世界の言葉との相互方向の翻訳ができることが要求されるのである。

クライアントは企業であることが多く、そのやり取りにおいてはビジネス経験の有無が大きな意味を持つ。一方で、プログラマとのやり取りにおいてはプログラミング経験が役立つ。問題解決に必要となる様々な情報技術の理解には工学系の知識が不可欠となる場合も多く、一般にスキルという形で表されない多様な能力を必要とされるのがシステムエンジニアなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です